競売を回避する最善の方法が任意売却です。住宅ローンが払えない方、競売開始の通知が届いた方、諦めないで下さい、まだ間に合います。任意売却の専門家が競売回避の対策を無料相談受付中。
無料相談・秘密厳守 / 土日・祝日も相談 受付
東京・大阪・福岡 / 北海道から沖縄まで 全国対応

24時間 メール無料相談は こちら

競売回避方法は?

Q.

担保不動産競売開始決定通知書が届きました。
競売を回避できるのでしょうか?

住宅ローンを払えない状況が6カ月以上続き、裁判所から『担保不動産競売開始決定通知書』が届きました。
できれば競売を取り下げてもらいたいのですが、競売を取り下げる方法はありますか?
とにかく家を残したいのです。住み続けたいのです。
家を残す方法が無いなら、なるべく有利に売却できる方法を教えてください。

A.

残念ながら競売の取り下げはできませんが、競売回避は可能です。

しかし、対策できる残された時間は少ないです。

これから先、3ヶ月から6ヶ月の期間で強制売却され、ご自宅を引き渡すことになります。
『担保不動産競売開始決定通知書』が届き、裁判所が現地調査をする段階に入ると、競売の取り下げは困難です。
しかし、競売を回避することはできます。

『競売回避の唯一の方法は、任意売却での不動産売却です』

競売取下げは、申立人(競売申請者:保証会社等の債権者)が、裁判所に対して競売の取り下げ申請をしなければできません。
担保不動産競売開始決定通知書が届いた段階で、今後の作業は全て裁判所(法律に基づく作業手順)になるため、保証会社(債権者)に交渉しても対応していただけません。

また、保証会社(債権者)は、競売申立て作業などの資金回収業務を、一般的に債権回収会社に委託します。
そのため、競売取下げの交渉相手は、一般的には債権回収会社になりますが、一度 競売の手続きに入った不動産は、任意売却にて商談・交渉成立しなければ競売の取下げが出来ないのが現状です。

“マイホームを残したい・住み続けたい・家を取られたくない” と考えている方、
“ご近所周辺に事情を知られたくない、秘密厳守での売却を希望したい” と考えている方、
“少しでも自分にとって有利に売却したい・少しでも高く売却したい” と考えている方、

決して諦めないで下さい!
任意売却という方法で、競売を回避できる様 最善を尽くします。
今すぐ、ご相談下さい!

電話・メールでご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

任意売却相談室からのご提案

“家を残したい” “住み続けたい” “手放したくない”

担保不動産競売開始決定通知書が届いてから、日々、競売を回避する方法が無いか悩んでおり、どう対処すればよいのかわからない方々が殆どです。
中でも、どうしても家を残したい・住み続けたいと思っている方々は非常に多く、任意売却相談室へのご相談件数の半数以上に及びます。

そのような方々へ、任意売却相談室は、任意売却という手段での不動産売却を勧め、住宅金融支援機構や保証会社(債権者)への合意のもと、任意売却での売却手続きの中で【親子間売買】【親族間売買】【買戻し】【リースバック不動産】という解決策をご提案します。

解決策
【親子間売買】【親族間売買】 で競売回避
【買戻し】【リースバック不動産】 で競売回避

“有利に売却したい” ”高く売却したい”

競売の場合、一般市場価格の6割、7割程度の低い金額で落札され、住宅ローンの残債も多くなる傾向です。
また、競売物件は公開されてしまいますので、どうしてもご近所周辺に知れ渡ることになり、精神的にも苦痛が大きくなります。

少しでも有利に・少しでも高く売却し、できればご近所周辺に事情が知られることなく売却したいというあなたにとっては、もう時間がありません。
早急に任意売却での手続きを依頼してください。

解決策
【任意売却】【任意売買】で“有利に売却” “高く売却”して、競売を回避
担保不動産競売開始決定通知が届いた!
これから先どうなるの? 状況は? 競売の流れは?

詳しくは、【競売の流れ】

電話・メールでご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

競売手続きが進む中での『任意売却とは?』『競売回避とは?』

競売手続きが進む中での任意売却とは
住宅ローンが残っている状況において、不動産の売却価格では全額返済できない場合の解決方法です
また、競売手続きが進む中での競売回避とは
不動産購入者を見つけ、債権者に競売の取下げと抵当権の抹消に応じてもらえるよう交渉し解決させる方法です。

競売手続き進行中での任意売却対応

1.債権者と合意が取れる売却金額での購入者を見つける。

不動産評価を査定・算出し、債権者が競売取下げに応じる可能性がある金額にて不動産購入者を見つけることが重要になります。
任意売却での交渉ノウハウが無い不動産会社では、なかなか難しい作業になります。
ただ時間だけを費やし、結果的に時間切れ・入札まで進んでしまう事もありますので、任意売却の専門会社以外の不動産会社に依頼することは避けるべきです。
ポイントは、住宅ローンの残債務の金額だけではなく、税金・マンションなら管理費等、色々な状況を考慮し、債権者が2社以上の場合は更なる対策を講じて対応しなければなりません。

2.裁判所の不動産評価が出るまでに解決させるのがポイント!

裁判所の評価は、現地調査後1ヶ月から2か月で決定されますが、一般的に公開されるのは入札開始時期1ヶ月程度前となります。
一般公開前は、債務者本人であれば管轄裁判所にて競売3点セット「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」を取得できます。

3.競売回避・任意売却で解決させるには、競売開札日の前日までに!


法的手続きでは、競売開札日の前日まで
に所有権移転が出来れば競売を回避し解決できるのですが、債権者によっては、競売入札開始日の前日までに所有権移転の手続きが出来なければ対応していただけない場合がありますので、事前の確認が必要です。

電話・メールでご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

競売を回避し、任意売却で解決した事例


東京在住:星野様(仮名)
職業:公務員
年齢:38歳
家族:妻・子供3人

【戸建】
ローン残高 :約4,500万円
市場相場価格:約3,500万円

【給与ダウン】【消費者ローン借金】により支払いが出来なくなった。

≪ご相談経緯≫
5年前、自己資金1,000万円を使い、妻との共同名義でマンションを購入しました。
その際、都市銀行から5,000万円の住宅ローン融資を申し込み、期間35年、月々約16万円、ボーナス支払い無で、支払いが始まりました。妻は連帯保証人で、現在専業主婦です。

仕事が公務員ということで、安定した収入があり何ら問題ないと思っていたのですが、妻が自分の遊ぶお金欲しさに消費者ローンを使っていたことを知らず、気づいた時には500万円以上の借金ができ、また、住宅ローンの支払い口座の残高もない状態が数カ月続いていたようです。
そういう状況の中、裁判所からの”担保不動産競売開始決定通知“という書類が届き妻はもちろんの事、私自身愕然としてしまいました。

仕事柄ご近所周辺には事情を知られたくなく、何とか競売を回避できないか銀行に出向いて行ったのですが、手続き上無理な話と分かり、ネットで競売回避方法を調べました。
そんな中、競売の取り下げは難しいが、競売を回避するための方法があることを知り、また、場合によっては、家を残せる、引っ越さなくてもいい方法も提案していただけるということで、全国任意売却相談室に電話相談をしてみました。

【任意売却相談室の取り組み】

≪ご相談を受け、解決にあたって重視したポイント≫
  • ご近所周辺に事情を知られたくない。
  • 既に競売にかけられ、時間的猶予がない。(市場公開まで概ね2ケ月)
  • 任意売却後の残債が1,000万円以上になる。
  • 職業が公務員。(収入は減ったものの、安定している)
≪この3つの事を重視し、任意売却相談室がご提案したこと≫
  • 兄弟・姉妹・親族 の中で、購入してもらえる協力者を見つけ、競売を回避する。
  • 奥様の消費者金融からの借入金の返済計画は任意売却後の対策とし、この時点では考えない。(任意売却での売却が終了するまでの具体的な対策を説明)
  • 協力者がいない場合、競売を回避した後の「買戻し」を考慮した「リースバック」を検討する。
  • 近隣にわからない様 販売するため、任意売却相談室のネットワークでの購入者探しをする。
  • 1か月間で購入者が見つからなければ、一般市場での購入者を見つける。(情報公開する)

【結果】

  • 債権者に対して、一般市場の相場価格 3,500万円 での任意売却の応諾を取り付けた。
  • 親族での協力者が見つからず買戻しも困難な為、第3者への売却を選択。
  • 任意売却相談室ネットワークの中で購入者を見つけることができ、ご近所周辺に秘密裏に売却できた。
  • 任意売却での取り纏めにおいて、引越費用等の名目で50万円の費用を確保できた。
  • 任意売却後の残債については、星野様が公務員ということで安定した収入はあるものの、奥様の負債が多く、返済については状況を理解していただき月々1万円での返済で応諾していただきました。
任意売却相談室の対応

任意売却相談室では、どの書類が届いているかによってどのような状況なのかがわかります。

そして、金融機関(債権者)が次にどの行動をとるのか、それに対してどうしたらいいのかがわかりますので、的確なアドバイスをすることが出来ます。

催告書が届いてから、競売を回避する方法は限られております。
なるべく早く、その決断をすることで、競売を回避できる可能性が高くなります。
任意売却相談室なら、そのお手伝いができます。

あきらめないでください!
現在、どの様な書類がお手元に届いているのか再確認して、お気軽にご相談ください。
書類の内容に応じて、私たちが的確なアドバイスをさせていただきます。

そのまま放置しないで!
より多くの解決方法を残すために、今すぐ”行動=相談”することをお勧めします。

任意売却で競売を回避!
まだ、間に合います。
競売の入札期間開始の前日、あるいは開札日の前日までに不動産売買を完了させて所有権移転・抵当権等の抹消手続きが出来れば大丈夫です!
任意売却の専門家が基本的な対策をアドバイスさせていただきます。

任意売却相談室では、
「家を守りたい」
「このまま住み続けたい」
「親族・知人に買ってもらいたい」
「競売だけは回避したい」等の
ご要望に対して、全力でお手伝いをします。

ご安心ください!
数多く任意売却を成立させてきた経験のある相談員が、全力で対応させていただきます。
ご不安なことは、何でもお気軽にご相談ください。

株式会社ワコー・コーポレーションが運営する「全国任意売却相談室」は、
住宅ローンの支払いに悩み、払えない方や不動産の売却に困った方、あるいは離婚や病気、相続等で不動産売買にかかわる問題を抱えている方に対して、
長年の経験と豊富な実績で ”貴方にあった解決方法” をご提案できる
「任意売却・任意売買を専門にした不動産会社」です。

少しでも早い時期に相談していただくことにより解決できる方法も複数提案でき、貴方にとっても一番有利な解決策を選ぶことができると思います。

また、任意売却後の住宅ローンの残債務(残った住宅ローン)や生活におけるご不安な事情が出てきた場合でも、任意売却相談室では、任意売却後の専属相談員が 無料で貴方をサポート 致しますのでご安心ください。

適切なアドバイスをさせていただく為に、ご相談の際こちらをクリックしてご覧ください